2008年09月24日

わたなべぢゅんいち追悼本 通販開始!

2007年に急逝したわたなべぢゅんいちの追悼本を、一般の方にも通販させていただくことになりました。
わたなべぢゅんいちというアニメーターがなにを考え、どういうふうに生きたかを知っていただくためにも、ぜひともお読みいただければと思います。

才能の在処を探し続ける人たちへ
(わたなべぢゅんいち追悼本)

【版型】
四六判・ソフトカバー

【ページ数】
全256ページ

【定価】
2000円(税・送料込み)

2007年1月22日、ひとりのアニメーターが急逝した。
その3日前にスタジオで倒れ、そのまま帰らぬ人となった。
OVAの黎明期に頭角を現し、自分の才能の在処を探し続けるかのようにさまざまなジャンルの仕事に挑み、最近はようやくテレビシリーズの仕事に手応えを感じ始めていた矢先の出来事であった。
享年44歳。
そのアニメーターの名を、わたなべぢゅんいちという。

わたなべぢゅんいちは、アニメになにを求めていたのか?
わたなべぢゅんいちは、アニメでなにがしたかったのか?
今となっては、決して本人の口から語られることのないその答にほんの少しでも近づくべく、わたなべぢゅんいちと交流のあったライターが、2007年のうだるように暑かった夏の日々、わたなべぢゅんいちゆかりの人々に話を聞いて回った。
この本は、そのひと夏の取材を通して見た、わたなべぢゅんいちというアニメーターの彷徨と戦いの記録である。

【インタビュー掲載】
恩田尚之 大貫健一 山崎理 西井正典 江面久 大沼弘幸
仲盛文 井出安軌 岩瀧智 北爪宏幸 清水修 合田浩章
伊東岳彦 中村雄太 笹野雄介 渡邊晴世

「わたなべぢゅんいちという生き方」大沼弘幸
これは、わたなべぢゅんいちという一個人のあまりにも短すぎた人生の記録である。
が、同時に、一人のアニメーターが現在のアニメ業界の中で、自分の作りたい作品を求めて、あえぎ、抗い、のたうちまわった苦闘の記録でもある。
ひたすらに苦悶するその姿は、わたなべぢゅんいち一人のものだけではあるまい。
アニメに夢を求め、アニメ業界に飛び込んできた人間なら、少なからず抱いたことのある苦い想いに違いない。
だからこそ、この本はアニメ業界の人々にこそ読んで欲しい。
「わたなべぢゅんいちという生き方」が、それらの人々にほんのわずかでも勇気を与え、前へ進むための心の支えになるのなら、わたなべぢゅんいちの遺したものに、ささやかながらも意味があったということなのだから……。

【申し込み方法】
・名前
・住所
・冊数
以上の項目を明記の上、下記のアドレスにメールで申し込んで下さい。
(「ふみ屋」宛てのメールフォームからも申し込みができます)
代金は、本を発送する際に振込先のご案内を同封しますので、本が届き次第、銀行にお振り込みいただければと思います。

ohnuma1955★hotmail.com
(★を@に変えて下さい)
posted by ふみ屋 at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック